ロフトの階段

省スペースなのに上がりやすい互い違い階段をオーダーメード製作致します。月に一台心を込めて製作します。

TEL.06-6491-6339

661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15

小社製作の互い違い階段・ロフトくんはすべて意匠登録・登録商標です。 他者の製作を厳禁す

省スペースの互い違い階段です。 狭小なスペースにも設置できる場合があります。
現在販売は月一台の受注生産です。
ロフトの階段互い違い階段VX-Type クリックすると写真の説明が見られます ロフトの階段ホワイトアイアン スマートステップ
上のビデオの説明
上:軽い 「ロフトくん」
左:木製のVX-Type
中:ホワイトアイアンの 階段スマートステップ
お部屋に合わせて どのような色にも できます。 VX-Type・スマートステップは 尼崎ものづくりグッドデザイン賞を 頂きました。
ロフトの階段の設置場所は、狭かったり、リビングの一部であったりその場所の雰囲気に合ったものを取り付けたいものです。
互い違い階段の選び方(上左の写真:互い違い階段VX-Typeは階高210cm・水平長さ129cm・階段幅47cm・全幅59cm 
上右上のビデオ:ロフトくん階高272cm水平長さ148cm幅55cm 
上右下の写真:ホワイトアイアンの階段スマートステップ高さ115cm水平長さ68cm幅60cm全色対応可 黒の階段 )
ロフト のハシゴ より互い違い階段の方が安全で使いやすい。
階段より省スペースです。より省スペースが必要な方は互い違い階段の折れ階段もあります。
急な階段をリフォームしなくても安全に下りられる 段違い階段 分割階段

互い違い階段は簡単設置

ΔE-Typeを除く互い違い階段は簡単設置です。簡単取付アングル付きにするとより簡単になります。また大きくて持ち込めないときには分割できるコネクタ付きも製作致します。取付・設置のビデオは、簡単設置の互い違い階段でご覧下さい。

ロフトの互い違い階段の製作は株式会社杉原クラフトのみ

ロフトの互い違い階段のΔE-type・VX-type・LX-type・TX-Type・YX-Type・家具階段・らせん階段は、意匠登録済み「互い違い階段」は登録商標です。 互い違い階段は、形も名前も すべて他社では決して製作できません。

ΔE-Type

壁に固定するタイプです。 階段下に本棚等を取り付けることもできます。
ロフトの互い違い階段ΔE-Type斜め前 ロフトの互い違い階段 立面写真
互い違い階段ΔE-type立面写真
ロフトの互い違い階段 正面写真 正面写真

ロフトくん

互い違い階段の中で最軽量です。
他のタイプの3分の1の重さです。
(小社互い違い階段の比較です。)
女性でも取り付けることができます。

VX-Type


すべての互い違い階段は上りやすいく下りやすいように美しくデザインされています。 大きな枕を持って上がったり下りたりも容易にできます。 ビデオでは手すりを持って上り下りはしておりませんが、必ず手すりを持って下さい。 皆様も一度上ってご体験下さい。 VX-typeは分解可能で、狭くて持ち込みが困難な場所には分解して持ち込むことも出来ます。 上り方については互い違い階段の使い方をご参照ください。

LX-Type

ロフトの互い違い階段LX-Type
LX-typeです。写真のアルミの部分が木製・ステンレス製もあります。
ロフト の階段の可動タイプ LXP-typeもあります。

TX-type

TX-typeは階高があまりないようなロフトに最適です。VX-type・LX-typeと異なりビーム(支えるための梁:角材)が中一本しかないのでコンパクトな作りになっています。木製では最軽量です。またアルミの補強材を段部分には使いません。こちらは11段まで製作可能です。
ロフトの階段互い違い階段TX-type前景前面
ロフトの階段互い違い階段TX-type背面 / 
背面 手すりがすべて階段に取り付いていますがどの様なものでも可能です。

YX-Type

互い違い階段YX-Type 細くて華奢に見えますが、使う材料に適切なものを選ぶことによって丈夫なものから軽いものまで製作可能です。(小社モデルルームで) YX-Typeは固定もできますが、可動の場合は壁掛け部に階段引っ掛けようのバーの取付が必要です。長い物が持って入れない様なお部屋にも分解組立が極めて容易なので分解搬入が可能です。段板をステンレス鋼板を使った屋外用も可能です。

ホワイトアイアンの階段スマートステップ

ロフトの階段ホワイトアイアン スマートステップ 新しいお家を建てたときにお部屋のインテリアやクロスを選ぶのは楽しみなものです。 そんなお部屋に階段があったら階段もコーディネイトしたいものです。 お部屋の床の色や壁のクロスの色・カーテンの色などに合わしたいものです。 そんな時どんな色にもなるのがスマートステップです。 左のような白い階段ならモダンな白色のクロスのお部屋に合いませんでしょうか。 スチール部分は、どんな色にも塗装は可能です。日塗工の見本色(632色)。 ロフトの階段ホワイトアイアン スマートステップは色を選ぶことができます 木製部分も限界はありますが着色できます。右の写真は段をわずかに白で着色しております。

家具階段

互い違い階段が側面に付いた家具です。お部屋に持ち込み各部をつなぎ合わせるだけで完成です。階段下の部分は家具として使えますので無駄なスペースを作りません。お部屋を無駄なく効率的に使えるアイテムです。 互い違い階段家具階段 小社モデルルームにある家具階段7段 上った所が狭いですが、上ることは可能です。

互い違い階段の原理

互い違い階段は、大方の人の軸足が左にあることを利用してます。そのため身構えて階段を上る時あるいは降りる時には、右足がから始まります。小学校の運動会で右足から行進を始めるのもこれと関係があります。写真でもおわかりのように、まず右足を右側の1段目に乗せます。それから左足を左側の2段目に乗せます。そのようにしてすすんでいくのですが、見た目は急ですが実際は、倍の長さで上がることと同じになっています。また両手が空いた状態であがることも可能です。

互い違い階段は下りるときは もっと快適

互い違い階段は、上るときより下りるときの方がその良さがよりよくわかります。踏面(階段の足を乗せるところ)の幅が建築基準法ぎりぎりの階段を下りるときは、足は斜めにしないと下りることができません。しかし互い違い階段は一応踏面は26cm以上あるので足先を斜めにしなくても下りることが出来ます。
ロフトの互い違い階段 ロフトの互い違い階段
踏面が狭いときは左のように足先が段に乗りません。体が不安定になるので下りることは出来ません。そんな場合には右のように足先を斜めにして下ります。カニ歩きにのような格好です。互い違い階段ではこのようなことはありません。
互い違い階段は なぜ上りやすい 理論編もご覧ください。

互い違い階段の注意点

互い違い階段のΔE-typeは強度上は自立してますが、壁に取り付けることを原則としてます。壁下地に木製の胴縁がない場合は別途補強が必要です。また壁は平面でない場合が多いので現場に合わす必要があります。 VX-type・LX-type・TX-Typeは壁に立て掛けて使いますが必ず上部は固定して下さい。上部を固定しないと階段が滑ってケガをします。下部も不用意に持ち上げて壊すことがありますので必ず固定して下さい。 VXP-Type・LXP-Type・TXP-Type・YX-Typeは引っ掛けバーに引っ掛けて使います。YX-Type以外は危険ですので必ず下部を固定してください。YX-Typeは必ず上部はずれ止めボルトを取り付けて下さい。 材種塗装についてはご相談ください。 強度を保つため写真の階段は重要部分実入れ長ねじ止めです。ねじ頭は埋め木で隠してありますが多少目立ちます。 「互い違い階段」は、登録商標です。一般的に通っているものではありません。建築基準法上の階段ではありません。また普通の階段より上り易いことはありません。 互い違い階段には、ひとつだけ使い方があります。互い違い階段の使い方をご覧ください。

互い違い階段の価格

互い違い階段はすべてオーダーメイドですそのため価格はそのつど決めさせていただきます。 価格は施工者・直接にかかわらず同じ価格です。 概ねの価格としてはロフトの階段の価格をご覧下さい。

ロフトの互い違い階段の施工例

ご用命くだされば上りやすい互い違い階段をご自宅に合わせて設計製作させていただきます。 主な施工例はロフトの互い違い階段の施工例でご覧ください。

ロフトのハシゴ(普通の木製階段(段梯子))

ロフト付きのロフトの階段は、普通は、「段ばしご」と呼ばれる階段・はしごです。上るときは、手で階段を持ちながら上ります。 降りるときは、後ろ向きに、同じように階段を持ちながら降ります。

普通のロフトの階段

ロフトの階段 普通 横写真 ロフトの階段 普通 上からの写真 普通のロフトの階段です。 写真の階段は、カラマツ製ウレタン塗装品 幅10cm厚み2.5cm材を使用 この階段は長さ2m50cmまでです。

少し緩い階段

ロフトの階段 緩い傾斜 横写真 リフトの階段 緩い傾斜 上からの写真 緩い階段 手すり付き 写真の階段は杉材ウレタン塗装品 幅10cm厚み2.5cm材を使用 長さ2m40cm 運送費がかさみ 現在はこちらの階段は製作をお請けできません。

大き目の階段

ロフトの階段特大 もっと大きな緩い階段も作ってみました。 足の小指を打たないように下の部分を切り取って小さな配慮もしています。 ノンスリップも貼っています。 裏から見えない蹴込板の階段も施工できます。 写真の階段は杉材オイルステンウレタンニス塗装品 幅18cm厚み3cm材を使用 運送費がかさみ 現在はこちらの階段は製作をお請けできません。

階段製作の材料

ロフトの階段を作るための材種は色々あります。
木製 ヒノキ 香りがあって木目が美しい。 無節の材は高価。小節程度なら
       節の抜け落ちもなく使用可能
   杉   軽いですが傷が付きやすい。 特に無節のものは美しい。
        無節のものは入手困難
   松   強度があるが無節のものは得にくい。ヤニが出るので注意
   カラマツ 外材で無節のものも得やすいが大材が得にくい。
   集成材 歪ゆがみが少なく大材を得やすい。
       松集成材は段板センタープレートの板材に使用する。
       シオジ集成材はVX-typeのビームに使用します。
金属製 VX-type・LX-typeのビーム(梁)はタモ集成材の代わりに
       アルミ・ステンレス材を使用することも可能です。
       軽いのが特長です。
    YX-Typeのビームはステンレス材を使用しております。
       YX-Typeは段板もステンレス製を用いた総ステンレスの
       屋外にも取り付け可能なタイプもあります。
    スマートステップはスチール製です。
       塗装によりあらゆる着色が可能です。

ロフトの階段の塗装

ロフト階段の木製品は塗装なしが標準品です。 無塗装     無塗装品は汚れやすいが、木の本来の香りがうれしい。 オイルステン オイルステンは木の着色剤です。そのままでは色が落ちます。普通は上にウレタンニスを塗ります。 ウレタンニス 透明のニスです。汚れなどを防ぎます。時間が経つと濃い色に変わっていきます。 詳しくは塗装色についてをご覧下さい
このエントリーをはてなブックマークに追加