ロフトの階段

省スペースなのに上がりやすい互い違い階段をオーダーメード製作致します。手作りですので月に1台しか製作できません。

TEL.06-6491-6339

メール; asukaru@cwa.bai.ne.jp
fax;06-6491-6338
661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15

年中無休 営業時間 8:00-18:00
自動車運転中は電話にでません。お掛けなおし下さい。

互い違い階段®・ロフトくん®は意匠登録済・製作厳禁

互い違い階段の選び方

小社はお客様のご要望をトコトン聞くという姿勢を
貫いたので
互い違い階段だけでも
これだけのタイプが出来てしまいました。
さて
選択する時に迷ってしまうと言う
お声も良く頂戴いたします。

タイプの特長について
階段選択について
概略を以下に書きます

使いやすさで階段を選択すれば

使い易さは
蹴上げ・幅・踏み面が同じであれば
各タイプ同じです。

しかしながら
VX-TYPE・VXP-Type・YX-Type・YXP-Typeは
スケルトンの
階段であるため
その隙間から
小さな子供が
落ちる可能性があります。
小さいお子様がおられる場合は
ご使用には御注意下さい。

LX-type・LXP-typeは
蹴上げ板があるのでその心配は不要です。

最上段がない
VX-TYPE・VXP-Type・YX-Type・YXP-Typeは
最上段から2段目は
少し大きくなっていて
他の段と少し大きさが違います。

側壁に固定するかどうかで階段を選択

ΔE-typeは
横の側壁に完全に固定して仕舞うタイプです。
しかし最近施工した例では
側壁に窓があったり
下は固定で 上に可動タイプであったり
上が踊り場兼用になったものを設計したことがあります。

ΔE-type以外は
側壁には固定しません。

階段を固定するかどうかで階段を選択

前述のようにΔE-typeは下部側部上部を固定します。

VX-Type
LX-Type
YX-Typeは
下階の床とロフト床の
框付近の2カ所に固定されています。


VXP-Type
LXP-Type
YXP-Typeは
上部のロフト床の框付近に取付バー(パイプです)を取付
そこに引っ掛けて使います。
総重量が70kgありますので
頻繁に取り外しは不可能ですが
取り外すことも可能です。

なお外れ止め用ボルトを取り付けていますので
不用意に外れることはありません。

木製か金属製かで階段を選択

ΔE-typeは手すり・一部の金具を除き木製です。

その他のタイプも
段(足を乗せるところ)は基本的には
木製です。

段を支えるところ
(通常はささら桁と呼ばれるもので
小社ではビームと呼んでいます)は
木製または金属製です。
金属製にはアルミ製とステンレス製があります。

VX-TYPE・LX-Type・VXP-Type・LXP-Typeは
一部の金具と手すりを除き
すべて木製で作ることも出来ます。
YX-Typeのビームはステンレス製のみです。

YX-Typeは段もステンレス製にした
総ステンレス製の
耐水仕様(屋外仕様)もございます。

既存のバーを再利用するかどうかで階段を選択

VXP-type・LXP-type・YXP-typeは
既存のハシゴの取付バーを
互い違い階段の
取り付ける時のバーに
再利用することも可能です。

現場に持ち込むために分解できるかどうかで階段を選択

ΔE-typeは
大きな三角の部材を持ち込まなくてはなりません。
高さは階高・幅は高さの0.6倍程度あります。

持ち込めない場合は
小さく分解する必要がありますので
任意の高さで分解する方法と
上から任意の段まで
分解する方法があります。

VX-TYPE・VXP-Type・YX-Type・YXP-Type
LX-Type・LXP-Typeの階段の長さは
階高の1.2倍程度の長さがあります。
現場に持ち込めない場合は
VX-TYPE・VXP-Type・YX-Type・YXP-Typeでは
段とビームを分解する方法と
ビームにセパレートピースを取付
2分割する方法があります。
セパレートピースで分割できるのは
ステンレスビームと
鋼製のビームの時だけです。

いずれの方法をとるか
ご相談ください。

取り付け工事に要する手間で階段を選択

施工の面から言いますと
ΔE-typeは
取付には大工二人が1日要します。
また
大きな三角の部材を持ち込まなくてはなりません。
持ち込めない場合は
小さく分解する必要がありますので
取付には
より多くの手間を要します。

VX-TYPE・VXP-Type・YX-Type・YXP-Type
LX-Type・LXP-Typeは
取付には
大人ふたり程度で
数時間要します。
尚階高の1.2倍程度の長さがありますので
現場に持ち込めない場合は
VX-TYPE・VXP-Type・YX-Type・YXP-Typeでは
段とビームを分解する方法と
ビームにセパレートピースを取付
2分割する方法があります。
セパレートピースで分割できるのは
ステンレスビームの時だけです。

段とビームを分解した場合は
再組み立てに2時間程度要します。

セパレートピースで分解した場合は
再組み立てに1時間弱を要します。

施工で一番簡単で早いのは
既存の取付バーを用いて
立て掛けるやり方で
大人ふたりで
1時間程度要します。

それぞれのタイプは
それぞれの良さがあって
私自身どれも好きです。

お選びになるのは
まず
側壁に固定するのがよいかどうか
選んで頂いて
それから
スケルトンかその他のものか選んで頂いて
木製か金属製か
選んで頂くと
結果が出てくると思います。

もし ご不明なところがありましたら
何なりと
お電話下さい。

宜しくご検討下さいますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加