ロフトの階段

ロフトへ超狭いところでも前向きに上り下りできます。省スペースで前向きの互い違い階段をオーダーメード製作致します。手作りですので月に1台しか製作できません。

TEL.06-6491-6339

メール; asukaru@cwa.bai.ne.jp
fax;06-6491-6338
661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15

年中無休 営業時間 8:00-18:00
自動車運転中は電話にでません。お掛けなおし下さい。

互い違い階段®・ロフトくん®は意匠登録済・製作厳禁

階段以外のお仕事

立って小便をすることができるように小便器を取り付ける。

男性が立って大便器で小便をすることについては
喧々諤々の賛否両論があります。

ある調査によれば
男性の6割が
座って小便をしているという
結果もあります。

立って小便をすることに反対の論陣の方は
「立ってすると尿が便器以外のところに
飛び散って不潔だ」と主張されています。

模擬尿でどのくらい飛び散っているかを
映像で示して
説得力のあるものです。

衛生を重んじる現代においては
反対派のほうが
正当性が高いのです。

それに対して
立って小便をしたい男性諸氏は
肩身が狭いとも言えます。

でも過度に
座って小便をすることを
すすめることは
男性の性質を
踏みにじる
セクシャルハラスメントとも言えます。

このような
不毛の議論よりも
もっともっと
有効な
解決方法を
私は
考え出しました。

最近のトイレは
少し広いです。

例えば
巾が82㎝奥行きが145㎝のトイレに
小さな小便器を
併設すれば
反対派も男性諸氏も
大満足になるでしょう。

この併設案には
次の3点の大きな障害があります。
1.排水管をどこに繋ぐか
2.小さな小便器があるか
3.既存の大便器等々を更新して大きなリフォーム工事しなければならないのか

もちろん
大規模にリフォーム工事をするなら
排水管の問題も
小便器の大小の問題も起きません。

逆に
リフォームなしに
排水管の問題や
小便器の問題が解決できれば
何の問題もありません。

その方法が
特許6979545です。

その詳細を知りたいなら
特許庁のホームページで
ご検索の上ご熟読ください。

簡単に言えば
既存の密結大便器より
排水用枝管を
出して
小さな小便器を設置するというものです。

youtubeビデオでいえば
こんな風です。

前準備はありますが
実際の工事は
1時間と掛かりませんでした。

既存のタンク密結形大便器の
タンクのみを
一時的に
取り外して
枝管を取り付けて
元通りに
タンクを再取付します。

できた
排水用枝管に
小便器をつなぎます。

給水も同じように
繋げば
完成です。