ロフトの階段

省スペースなのに上がりやすい互い違い階段をオーダーメード製作致します。手作りですので月に1台しか製作できません。

TEL.06-6491-6339

メール; asukaru@cwa.bai.ne.jp
fax;06-6491-6338
661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15

年中無休 営業時間 8:00-18:00
自動車運転中は電話にでません。お掛けなおし下さい。

互い違い階段®・ロフトくん®は意匠登録済・製作厳禁

折り畳み互い違い階段の手すり取付

折り畳み互い違い階段の手すり取付

折り畳み互い違い階段にも
手すりを取り付ける必要があります。

こんな風にです。

折り畳み互い違い階段の手すり取付

折り畳み互い違い階段の手すり取付


折り畳み互い違い階段は、軽く作る必要があるのと
手すりを設置出来る場所が、狭いので
アルミの丸パイプを使うことにしました。

パイプは曲げられたのですが
設置するには
足が必要です。

と言うわけで
アングルでまず作って
強度試験をしました。

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 アングルを用いる場合

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 アングルを用いる場合


こんな風に
設置して
おもりをぶら下げました。
折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 アングルを用いる場合 3552N・cmで曲がる

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 アングルを用いる場合 3552N・cmで曲がる


案の定曲がってしまいました。

もう少し大きい方が良いのではと
アルミ丸棒を使っていました。

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 丸アルミ型材を用いる場合 2984N・cmで曲がる

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 丸アルミ型材を用いる場合 2984N・cmで曲がる


でも曲がってしまいました。

アルミでは無理かと思って
ステンのアングルを使いました。

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 ステンレスアングルを用いる場合

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 ステンレスアングルを用いる場合


ステンレスはパイプないに差し込める大きさでないので
ボルトで留めました。
折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 ステンレスアングルを用いる場合 4689N・cmで曲がる

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 ステンレスアングルを用いる場合 4689N・cmで曲がる


荷重をかけると
曲がってしまいました。

もっと荷重をかけると

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 ステンレスアングルを用いる場合 取付部位で折れる

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 ステンレスアングルを用いる場合 取付部位で折れる


折れてしまいました。

失敗ばかりなので
大きめのアルミフラットバーを
差し込めるように曲げて削り出しました。
こんな風です。

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 用いたアルミフラットバー 曲がっていません

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 用いたアルミフラットバー 曲がっていません


荷重をかけると
折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 アルミフラットバーを用いる場合 

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 アルミフラットバーを用いる場合 


もっとかけても
折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 アルミフラットバーを用いる場合 5541N・cmに耐える

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 アルミフラットバーを用いる場合 5541N・cmに耐える


取付金具は曲がりませんでしたが、
パイプが曲がって
抜けました。

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 用いたアルミパイプは最終曲がって抜けました

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 用いたアルミパイプは最終曲がって抜けました

すべての
金具を並べると

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 フラットバー以外は曲がってしまいました

折り畳み互い違い階段の手すり取付根元 フラットバー以外は曲がってしまいました


こんな感じで
曲がらなかったのは
フラットバーだけでした。

と言うわけで
フラットバーを使った
手すりを
固定しました。

折り畳み互い違い階段の手すり取付

折り畳み互い違い階段の手すり取付

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)