ロフトの階段

省スペースなのに上がりやすい互い違い階段をオーダーメード製作致します。手作りですので月に1台しか製作できません。

TEL.06-6491-6339

メール; asukaru@cwa.bai.ne.jp
fax;06-6491-6338
661-0971兵庫県尼崎市瓦宮2-18-15

年中無休 営業時間 8:00-18:00
自動車運転中は電話にでません。お掛けなおし下さい。

互い違い階段®・ロフトくん®は意匠登録済・製作厳禁

らせん階段を作るためにこんな工夫が

らせん階段を作るためにこんな工夫が

らせん階段は
芯柱に
階段を取り付けます。

片持ち梁(キャンチレバー)の
構造ですので
取付部位には
大きな力を負担しなければなりません。

金具を使って
取り付けることにしました。

直角に
取り付けなければいけないので
ネジをたてて
埋め込むことにしました。

取付の
金具は
丸いものでは
階段に取り付けにくくなります。

そこで
芯柱には
ネジたて
段にはフラットバーの
金具が
最適です。

弊社には
パイプネジたて機が
あります。

そこで
これを使って
金具を作ることにしました。

フラットバーにネジたてを
普通の工作機器で作るなら
きっと
NC工作機が必要です。

パイプネジたて機で
作ることなど
考えられません。

パイプネジたて機で
フラットバーにネジたてがでいない理由は
1.自動のネジたて機には
適切な長さのネジが出来ると
止まる構造になっています。

2.ネジたて機に固定するバイスは
パイプのような
丸いものしか
固定できません。

以上に点です。
1番目の問題は
止まる構造の部分を
切断しました。

2.のバイス部分は
パイプの中に
フラットバーを入れて
パイプと
フラットバーを固定しました。

フラットバーの
対角線の長さの
内径をもつ
パイプを使用しました。

当該パイプは
厚さが薄いので
剛性がないので
太いパイプで
補強しました。

フラットバーと
パイプの間には
隙間が
少しないと
パイプが
入りません。

その隙間を
薄いステンレス板を
くさび状に差し込みます。

バイスとしての
機能は
充分です。

問題が解決して
youtubeのように
ネジ立てしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)